介護福祉士の仕事

介護福祉は、身体や精神障害を抱えながら生活している人に対して、適切なサポートをしながら毎日を送るようにできるための仕事になります。介護を受ける方に対して様々なフォローアップをしていくだけでなく、介護に関わるご家族にも、専門的な知識や技術を持って様々なサポートすることが大切になってくるでしょう。介護福祉士は専門的な知識を持っていますので、家族だけで介護するには非常に大変な部分を、サポートすることに役立つ事ができるということになります。当然ながら専門的知識を踏まえた上で、介護に関わるご家族にどのような介護をすればよいのか、指導しなければいけないと言ったことも業務の中には入っています。

介護福祉士が働く場所としては、特別養護老人ホームや障害福祉サービス事業所などの、福祉関連の施設で働きながら、介護の仕事をしていくことが多いようです。介護を必要としている人の自宅に訪問して介護サービスを提供する仕事もありますが、それについてはホームヘルパーと呼ばれたりします。介護福祉士とホームヘルパーは資格の内容が違っているのですが、実際に行っている仕事の内容としては非常に似ていて、区別が曖昧という事がいえるでしょう。おもに入浴や排泄、食事のサポートなどを行うのですが、この点に関してもホームヘルパーとはあまり変わりはありません。

ただし、介護福祉士になるには介護福祉士の資格を取得する必要があります。ホームヘルパーの資格と違って介護福祉士は国家資格になりますので、様々な面で有利になるという事はいえるでしょう。給与や昇進などの点においても、介護福祉士の資格を持っていた方が優遇される可能性が高いといえます。

介護福祉士として派遣で仕事をする場合には、人材派遣に登録する必要があります。介護福祉士は福祉関連などの施設に派遣されることが多いのですが、介護の事業自体が営利目的ではないために、派遣先の事業所の事情と派遣で勤務をする人の希望がマッチすることが大切になってきます。正規雇用と違って派遣の場合には、週に何度かの勤務であったり様々な形態がありますので、プライベートと仕事のバランスを考えながら働きたい場合などには、適切な環境の職場を見つけられる可能性もでてくるでしょう。人材派遣会社は登録をした後に、適切な環境の職場で働けるように相談することができるという点が、事業者にとっても派遣で働く側にとってもメリットだといえるでしょう。

このページの先頭へ